こんにちは。ランナーいしざき(@zaki84920)です。

2019年のランナーとしての一年を、レース結果とともに振り返ります。

 

この一年を短い言葉で表すと、

  1. 「大事なレース」をしっかり絞ってレース選びと調整ができた
  2. マラソンのレース運びが分かるようになってきた
  3. トラックやロードへの参加が減り、山レースの割合が極端に上がった

という一年でした。

一見すると、2と3が矛盾しているように見えますが、長いトレイルの経験がマラソンに活きてくるような、良い相乗効果を発揮してくれたと思います。

 

PR

レース結果一覧

2019年ハイライト。富士登山駅伝の5区と7区の間。

 

無調整2/17 青梅マラソン 30km 1時間54分37秒

重要3/17 板橋Cityマラソン フル 2時間42分02秒 PB

フルマラソンで3戦連続PB。マラソンの走り方を掴んできた。

 

普通4/20 粟ケ岳バーティカル 4.8km 54分08秒 22位

無調整4/21 粟ケ岳スカイレース 23km 3時間00分48秒 44位

走り応えのある粟ケ岳。初めてスカイレースにも挑戦しました。

 

普通5/3 上田バーティカル 55分57秒 36位

重要5/11 彩の国トレニックワールド100マイル DNF(79km)

初の100マイルはDNFとなりましたが、今後のランナー人生に大いに役立つ、貴重な体験をさせていただきました。

2020年は100kmから出直します。

 

普通7/6 東海地区高専大会 オープン3000m 9分44秒81 2位

最重要8/4 富士登山駅伝 5区54分23秒[区間13位]・7区7分54秒[区間1位]

 

今まで何の実績もなかった僕に、一つ小さな実績を得ることができました。
ここでもらった金メダルは、一生の宝物です。

 

無調整9/1 大室山バーティカル 50分47秒 15位

普通11/3 烏帽子岳バーティカル 7.5km 1時間08分16秒 20位

 

重要11/23 大田原マラソン フル 2時間45分41秒 32位

無調整12/14 養老山脈トレイル 41km 4時間11分19秒 総合9位・年代2位

多くの山レースを経験し、強い脚が出来つつある感触を得ました。

何より山レースの楽しさを感じる場面が増えて、このスポーツに大きな魅力を感じるようになりました。

 

フルマラソンの走り方が大体分かってきて、大きく崩れることなく走りきれるようになりました。

スピードが上がらないことはこれからの課題ですが、基礎となる持久力やペース判断、準備ルーティーンの定着など、2019年は良い進歩が見られた一年だったと思います。

ただし連続PB更新は3でストップ。今年の目標だった「2時間40分切り」も達成できず。

マラソンは甘くない、という「当たり前」を改めて痛感しました。

 

まとめ

トレイルラン・スカイラン 8本
マラソン・ロードレース 3本
トラックレース 1本

実に全体の2/3が山。トラックレースに至っては年間1本。

しかもそれは3000mでしたので、ついに、5000mを1本も走らない一年間を過ごしてしまいました(自分史上初・・)。

 

いくら富士登山を狙うとはいえ、ちょっと極端にやりすぎましたね。笑

でも極端にやったことで、ある程度の結果が出ましたので、ちょっと一休み。2020年は平地のスピード強化に再チャレンジしてみようと考えています。
(もちろん山レースには適度に参加しますよ!)

 

参考① SKYRUNNER JAPAN VKシリーズ

年間ランキングは28位でした(40ポイント)。昨年の41位より少々ジャンプアップしました。

とはいえ、実力が上がったのではなく、ルール変更で30位までポイントが付与されるようになったことが、好影響していると思います。

来年はスカイのランキングにもチャレンジしてみようかなぁ。検討中。

 

参考② その他の大会・イベント

上の一覧とは主旨が違ったので書きませんでしたが、友人に誘われるなどして参加した、年間計画外のレースも一応掲載。

多くの仲間と共に、楽しい一年を過ごしました。

1/27 奥武蔵駅伝 2区5.4km 19分43秒 区間45位
2/2 こどもの国リレーマラソン 4.2km×3+1
4/6 TAMAハーフマラソン 1時間22分03秒 2位

6/15 ベイサイドラン豊洲駅伝 2区5km 17分25秒 チーム2位
Citymarathonチームのイベントとして頑張りました。

▼レースレポート

 

10/6 東日本国際駅伝 4区3km タイム不明

 

2020年も、真剣に狙うレースだけでなく、わいわい楽しく走るイベントごとにも、たくさん顔を出していこうと思います。

2020年も、素敵な一年にしよう!

 

PR

Twitterもフォローしてね!

おすすめの記事