こんにちは。ランナーいしざき(@zaki84920)です。

10月の練習日誌まとめ。

  • 月間走行距離 266km
  • 完全休養日 14日
  • 走行日平均 15.6km/日

ほぼ、レースに対応していた月なので、トレーニングのうえでの工夫というよりも、レース間の過ごし方の工夫がメインとなった1ヶ月。

PR

2018年10月の練習日誌(全メニュー)

右端カッコ内はその日の走行距離

1日(月)

2日(火) Jog(8) ※ヘッドライトお試し走

3日()

4日(木) Jog(8)

5日(金)

6日() Jog(6)

7日()〜8日() ハセツネCUP[12時間19分19秒/105位](71)

9日(火)

10日(水)

11日(木) Jog(5)

12日(金)

13日() リスタート1000m×7ペーサー[3.45→4.20](13)

14日() 尾瀬岩鞍バーティカルキロメーター[50.39/29位](10)

15日(月)

16日(火) 体幹+Jog10)

17日(水)

18日(木) 鹿児島出張:城山Jog(8)

19日(金)

20日() さがみはらクロカン部[ラダー](6)

21日() 日体大記録会5000m[17.11.88](13)

22日(月)

23日(火) 体幹+Jog(11)

24日(水) 上柚木10,000mペース走[3.40-41-40-40-42-42-42-42-40-27](24)

25日(木) 体幹のみ

26日(金)

27日() リスタート1km×4ペーサー[4.20→5.00](13)

28日() 相原〜城山トレイル(31)

29日(月)

30日(火) 体幹+Jog(6)

31日(水) 上柚木変化走5000m[3.38-36-39-37-12]+3000m[3.39-38-15](23)

 

レースの間は、あまり走らない!

今回、31日中完全休養が14日ですから、かなりの頻度で完全休養を挟んでいます。

通勤が徒歩5分!という僕にとって、仕事の忙しさは全く言い訳にならず、「走れなかった」ではなく「走らなかった」日が14日、ということです。

 

よく、ランニングの世界では「3日連続で休んではいけない」という主張を見かけます。

僕も、基本的にはその考え方には賛同していまして、なるべく完全休養は1日・2日にとどめるようにしています。

しかし、上記の結果を見てもわかるように、1日休んで、翌日Jogをしてみた後、また休んでいることが多いです。

2日目のJogで「思った以上に疲れているなぁ」と感じたら、次の日は休んでいる、という感じです。あまり続けて休みすぎると、このあたりが分かりにくくなるので、一応は1日おきぐらいにはJogをするように心がけています。

「疲労度の確認」程度に、30〜40分程度のものですが。

 

ちなみに、慢性疲労に悩まされている時なんかは、思い切って3日休むこともあります。けっこう、リフレッシュできるというか、「走らなきゃ!」という切迫感から解放される感じが、とても好きです。

もちろん、”多用”は禁物ですが。。

 

山を "走らせていただく" ということ

今シーズン、実に7本の山レースに出場しました。

すべてのレースから感じたことは、僕らは「山を走らせてもらっている」ということ。

ハセツネ30kのときに、山での事故や体調管理について長々と書きましたが、それだけでなく山の使い方そのものが、僕らは「邪魔をしている側」なんだということに、気付かされます。

 

ハセツネ最高地点「三頭山」1,527m

ハセツネCUPでは、ジェルのゴミ(しかも同じ種類だったから同じ人かな?)が確か3箇所かで捨てられていました。

故意なのか過失なのかは分かりませんが、山は「使わせてもらうもの」ですから、過失が発生しないよう、準備をしなければいけません。

 

逆の言い方をすると、71kmという行程の中で、そういったゴミに遭遇する場面が3箇所だけだったということは、

ほとんどのランナーが、故意・過失を含め、結果的に山を汚すことのないように、心がけをしていたんだと思います。

 

ただでさえ、多くのランナーが一つの道を通ることで、木の根が傷つき、植物や虫が死んでいくわけですから、トレイルランというのは自然にとって「敵」とみなされても、なんの不思議でもありません。

自然の産物を消費する行動という意味では、僕らが生きている以上、大小あれど避けられないものではありますが、少なくともその害を最小限に抑える努力だけは、続けていきたいものです。

 

PR

Twitterもフォローしてね!

おすすめの記事