頭の良い人や、何かの道を極めた人に出会うと、たびたび思うことがある。

「その発想が凄いわ・・」と。

普通に考えても出てこない。だけど、そんな方法なら実現できるかもしれない、まさかの道筋。

 

でも、ふと考えたのですが、

この発想の本質はとても単純で、この一言に尽きると思う。

 

PR

考え抜いた答えかどうか

何かを「考え抜く」とは、つまりこういうことではないか。

多くの人が、自分の発想の中で考え、これは無理だ・・と、どこかで諦める。

諦めることで、考えるのをやめてしまう。

 

でも、答えを見つける人は、違う。

広い視野で観察をし、多くの情報を集め、精査し、自分の頭で考える。できるか?できないか?ではなく、どんな方法だったら実現できるだろうか?を、考え続けている。

 

根本的に、その課題に対する「考える」という量と深さが、全然違う。

 

観察し尽くし、情報を集め尽くし、自分の頭で考え続け、たどり着く先が「考え抜く」ということ。

当然、何かの答えがあることを約束はされていない中で、それでも結論に辿り着こうと、誰よりも深く広く考察をしようとする姿勢を持てるかどうか。

 

それが「凄い発想」につながるはずだ。

そう思っています。

 

僕らランナーは、自分に合うトレーニングを探し求めていると思うんだけど、

その答えは一つの絶対的なものが約束されているわけではないし、むしろ一生探し続けるのかもしれない。

でも、どこかで「考え抜く」ことを止めて「このままで良い」と思った時点で、成長は止まり、老化とともに衰えていく能力を、指を咥えて受け入れるしかない。

 

だから僕もみなさんも、試行錯誤をしながら日々を過ごしているのだと思う。

そして、そんな日々に面白さを感じるのがランニングの楽しみなんだけど、

気がつくとそれが目的になってしまっていたりする。

 

「考え抜く」ことを正面から突き付けられている感覚。

だから、ランニングって面白いんだと思う。

 

PR

Twitterもフォローしてね!

おすすめの記事