こんにちは。スカイランナーいしざき(@zaki84920)です。

昨日は、長野県上田市で開催されていた「烏帽子バーティカルキロメーター」に参加してきました。

SKYRUNNER JAPANシリーズ第4戦、僕にとっても4回目のバーティカルですが、まだまだこのレースの厳しさには慣れません。。本当に苦しかった。。

PR

烏帽子バーティカルの結果

男女別10位までの入賞者たち。僕はいません。

男子
①宮原徹 53分26秒
②永里剛城 57分34秒
③新牛込崇史 58分24秒 上位3名はVK日本代表。やはり強かった。
④藤飛翔 60分33秒
⑤八田康裕 60分49秒


19.わたくし 69分38秒

女子
①立石ゆう子 73分24秒
②稲毛日菜子 78分56秒
③須藤吉仕子 81分17秒

女子優勝、立石さんのFinish。

 

琵琶湖(19位)に続いて、20位以内に与えられるランキングポイントをGETしました。またしても、ギリギリですが・・。

 

宮原さんは優勝インタビューの中で「最後まで、ほぼ走り通せるので、好きなコースです」と話していました。

やっぱり、走り通していたか・・・一方の僕は、急勾配のほとんどを歩いてしまいました。

 

どうすればその強さを手に入れられるんだろう・・?

興味は尽きませんが「宮原さんにはできるけど、自分にはできない」と決めつけてしまうことだけが一番良くないので、

どうすれば僕にも出来るようになるか?を考えて、行動していきます。

 

名物、最後の急勾配(岩場)!

コースは上田市民の森をスタートして、烏帽子岳登山道をそのまま行くコースですが、名物はなんといっても最後の急勾配。

当然、走れるはずもなく、手を使いながら少しずつ進んでいきました。

「最後の0.2km」の表示をみてからFinishまでに、5分ぐらいかかったと思います。。

 

通常のマラソンレースであれば、後ろとの差が1分も開けば結構な距離感ですが、こんな場所での1分差は「振り向けば近くにいる」状態。

勾配の苦しさだけでなく、順位争い的にも心臓に悪い場であることを実感しました。。

 

詳細はコース動画で!

動画を作りました。

僕が走っていますが、もちろんレース後に撮影しています。笑

レース直後の山道で、カメラを置いて、走って、戻って、カメラを拾って・・を繰り返していたら、ものすごく疲れてしまいました・・。

 

PR

Twitterもフォローしてね!

おすすめの記事