人生は勉強だ!などと言うけれど、日々学び続けるとこは、簡単ではない。と思う。

そう考えると、高給取りでありながら日々搾取されつづける職よりも、それなりのお給料をいただきながら、学びある職につくほうが、僕には合っているような気がします。

 

こんにちは。市民ランナーのいしざき(@zaki84920)です。

今日は恒例の、佐藤先生による体幹パーソナルの日。

思い起こせば今日は『辛いけど頑張ろう』みたいな、漫然としたメンタルで「館」に臨んでしまいました。

そんな僕を叱咤するような、厳しいトレーニングを課していただく中で、とっても貴重な学びがありましたので、ご紹介したいと思います。
(仕事ちゃうんかいw というツッコミは控えめにお願いいたします。笑)

されど30秒、たかが30秒。

今日のメニューはなぜか、1セット目より2セット目のほうがキツイ傾向にありました(笑)
マラソン練習で、よく3000-2000-1000みたいな練習があるけど、それを逆にしたような感じ。

 

特に最後。

 

スクワット、スライドボード縦と横、そしてプランクの4種のサーキットだったのですが、

指示は30秒。

 

4種目やりきって、ホッと一息つく間もなく、次の指示は『45秒』…!

 

そうか。45秒か。なんか中途半端だな。。

(この時点で、バリバリ嫌な予感。)

 

ちょっと分かりづらいけど腸腰筋の運動。汗だく。

 

フラフラになりながら、45秒×4セットを終える。ぐったり。


 

案の定、次の指示が来る。

 

先生『次、60秒いきましょう♪』

 

ぼく「あぁ、やっぱり。。」

 

なんとか、なんとかギリギリ耐えきって(?)、60秒メニューを消化。

こうして振り返ると、最初の30秒って、短かったんだな、と感じます。

 

最後はぐったり。一応、生きてます。

 

最初は、あんなに高い壁だと思っていたことが、

もっと高い壁を目の前にして、全力で向かってみると、

最初の壁が、こんなに低かったんだと、感じる。

 

「高い」と決めつけていたのは自分だけで、

周囲はその「低さ」を見抜いている。

 

60秒をやりきった達成感よりも、最初の「たかが30秒」を、されど30秒と勘違いしてしまった自分のメンタルを反省しながら、帰路につきました。ジョグで。

 

耐乳酸トレの後の階段、つらい。

 

まだまだ、学ぶことがたくさんある。

がんばるよ!

 

PR

Twitterもフォローしてね!

おすすめの記事