こんにちは。さがみはらクロカン部のいしざき(@zaki84920)です。

クロカン部を代表して(?)福岡で開催された「クロスカントリー日本選手権」に参加してきました。

2年連続2度目の参加です。

(二週連続で九州です・・ちょっとやりすぎたかな)

 

参考昨年のクロスカントリー日本選手権(Citymarathon.jp)

 

この大会、昨年までは、5000m17分00秒以内という持ちタイムで参加できたのですが、

今年から「16分30秒以内」に引き上げられ(それでも16分30秒で日本選手権を走らせてもらえることが有難い限りなのですが・・)、昨年一緒に参加したオオタカが参加できず、単独参加となってしまいました。

 

※熊日30kで一緒だったヤマシンさん(右)が応援に駆けつけてくれました!ありがとうございました!

 

PR

タイトルの通り、ビリだったよ!泣

結果 37分07秒 95位/95人中
3.16 - 3.33 - 3.45 - 3.42 - 3.48 - 3.42 - 3.46 - 3.42 - 3.54 - 3.36 - 0.24

距離はだいたい10.1km。2kmを5周回してから、最後の直線に入ります。

 

最初の1kmが速くなってしまうのは想定内。

しかし、3分16で通過したのに、既に最下位・・・

最後尾自転車に追いかけられる厳しい展開。そう、僕が通れば交通規制が解除されるんだよ。みんなごめんよ。

 

ちなみに、上位成績。このコースで10.1kmで29分台とか、ホントすごいわ。。

 

福岡市民?の優しさを知る。

こんな最下位の市民ランナーにさえも、沿道の皆さんは「がんばれー!」「がんばってください!」「前追いつけるよ!」って、応援してくれました。

僕が最下位だから、僕が通るまで、コースは横断できないはずなんです。

 

みんな、僕が通過するのを待っています。

それでも、誰一人、文句を言う人は居ませんでした。多くの人が応援してくれました。

 

何か、冷たい言葉の一つや二つ言われて、それをブログのネタに・・なんて考えていた自分をグーで殴りたい。

 

みんな、やさしい。

 

嬉しかったけど、最下位走ってて応援に応えようものなら、それこそ怒られてしまいそうなので(笑)、残念ながら無反応で、一秒でも前に進むことに専念しました。

みんな不愛想でゴメンね!(見てないか)

 

あと、カメラでいっぱい撮られる

あと、こんな僕でも、みんなカメラやスマホで撮るわ撮るわ・・・カシャカシャと音がすごい(笑)オレ撮っても使い道ないやろw

 

 

と思ったけど、よく考えたら僕が通過した次に通過するランナーは先頭の大迫傑選手であるということ。

みんなカメラの練習してるんだよね、きっと。でもね、スピードが全く違うから練習にならないかもね(笑)

 

追いつきそうで追いつかない前の人

最初の一周で20秒くらいの差がついてから、ずっと変わらない差のままレースは進みました。

D工業大学の選手。後ろから見ててもツラそう。・・あ、自分それより後ろなんだ。

僕の方も、苦しさには波があって、楽になった時にはなるべくスムーズにペースアップを試みます。そうすると、少し近づくのですが、しばらくすると元に戻ります。

いつものレースなら、自分のペースさえ落とさなければ、何人か抜けるのになぁ。やっぱり、みんな速い選手たちですね。なかなか追いつかせてくれません。

そんなこんなで、時間だけが過ぎていき、最後の最後まで、20秒差は変わらず、最下位でのフィニッシュとなりました。ざんねん。

 

残り一周でTVカメラを向けられる

昨年は距離は12kmあったこともあり、先頭がラスト一周を走るときに、僕が周回遅れになるタイミングが、しっかりとTVに放映されてしまいました。

今年は10kmだから計算上は追いつかれない・・と思っていましたが、やはり大迫君は強かった。

僕が最後の一周に入るところで、先頭は残り200m。僕が最後の曲がり角を走っている途中で、カメラがフイっとこちらを向いたのが分かりました。映っちゃったのかな。

 

終了後、更衣室出口は出待ちがすごい

みんな、大迫君や東洋大の西山君にサインをもらいたいのか、更衣室前はすごいことになっていました。

入れない・・と思ったら、やっぱりさすがにマズいと思ったのか、係員の人が選手用の道を作ってくれました。素早い対応。そしてここに入れる優越感(最下位だけど)。

 

来年は参加できるのだろうか・・

僕の記録は2016年7月にマークした16分28秒90ですから、記録的にもギリギリですし、来年はもうこの記録では参加できませんので、また狙いに行かなければなりません。

しかも、公認記録で16分半を切ったのは、過去にこの記録1本のみ。

この先、さらに記録が厳しくなる可能性もあるので、まだまだ自己ベスト、ではなく15分台を狙いに行きなさい、ということですね。

 

日本選手権とはいえ、最下位というのは地味にメンタルやられます。

でも、これだけは言える。ちゃんと、今日出せるベストを尽くして、ビリでした。

もちろん、熊日の疲れもあるし、仕事の疲れもある。ただその中で、出来る限りのことをやりました。だから、ビリは実力です。

より一層がんばらなくては、と思った一日でした。

 

明日、東京マラソンに参加される皆さんへ

明日は沿道から応援します!

好調不調、故障、多忙などなど、様々な事情があるかと思いますが、

今出せるベストがしっかりと出せるよう、祈っています。

 

PR

Twitterもフォローしてね!

おすすめの記事